高圧の方が非常用発電機のランニングコストが高く、トラブルリスクが高い

MENU

「低圧」と「高圧」の違いとそれぞれの試験

低圧、高圧の試験方法に大きな違いはありませんが、キュービクルやトランス(変圧器)の点検も必要で試験を行うコストや不具合時のリスクが高くなります。

低圧・高圧による試験方法の違い

 

非常用発電機には低圧と高圧の2種類があります。

 

これは発電機だけの問題ではなく、電力会社との契約内容についても低圧と高圧の2種類があり、施設の電気の契約内容によって適切なメンテナンスや維持方法が変わってきます。

 

 

高圧と低圧の違い

 

非常用発電機を導入するような施設では、電力会社と高圧契約低圧契約の2種類の方法があります。

 

電線から流れてくる電圧は6,600Vになっています。実際に使用する電力設備は100Vもしくは200Vになるのですが、通常は電柱に乗っている柱上トランス(変圧器)で100V、200Vに変圧されて、一般家庭に供給されています。
このように、電力会社から100Vや200Vの電気を購入する方法を低圧で、低圧契約している業者を低圧需要家と呼びます。

高圧とは、電線から流れてくる6,600Vの電気をそのまま購入して、自社のキュービクル内のトランス(変圧器)で100Vや200Vに変圧しています。高圧契約している業者を高圧需要家と呼びます。電力会社からは、電気使用量50kWAと超えた場合は高圧契約を推奨しています。

 

低圧の場合は柱上トランスは電力会社の所有物になり、メンテナンスも全て電力会社が行います。

 

高圧需要家は自社のキュービクル内のトランスを使用するため、キュービクルも定期的に点検整備をする必要があります。
非常用発電機の容量は60kWA以上が主流です。

 

つまり、ほとんどのケースは高圧需要家のための非常用発電機の試験になります。

 

 

 

高圧と低圧の試験の違い

 

非常用発電機の2種類を示す男性

非常用発電機にも高圧と低圧の2種類があります。

 

また、事業用のキュービクルは高圧、低圧の切り替え装置が付いている事が多いです。

 

試験を行う手順については、高圧、低圧それぞれ大きな違いはなく基本的には点検用ユニットにつないで擬似負荷試験を行います

 

高圧非常用発電機は物によってかわりますが、6,600Vや3,300Vの高圧電気を発電して、キュービクルで変圧することが多いです。つまり、メンテナンスではキュービクルのメンテナンスも重要ですし、擬似試験を行うユニットも高圧に対応したものでないといけません。

 

また、非常用発電機によってはキュービクルとトランス(変圧器)が内蔵されているケースも多いです。この場合は始動するかだけではなく正しく変圧されて電力供給が行われているかまで点検をしないといけません。

 

低圧と高圧を比べると、高圧の方が非常用発電機のランニングコストが高くなり、稼動時のトラブルリスクが高くなります