オイルとラジエターの冷却水確認でオーバーヒート予防

MENU

冷却水の交換頻度と冷却装置の大切さ

エンジンオイルとラジエターの冷却水の交換は非常用発電機を不具合なく調子よく使い続けるために大切な事で、専門家の判断で適切なタイミングで交換する必要があります。

オイル・ラジエター冷却水

 

非常用発電機のメンテナンスではエンジンオイルとラジエターの冷却水の定期的な交換も必要です。
エンジンオイルと冷却水はエンジン稼動時の摩耗のほか、経年数によって劣化して本来の性能を失います

 

このへんは乗用車のメンテナンスと同じです。
仮に走行距離が少ない車でも最低でも1年に1回ほどのオイル交換、2年に1回の冷却水(クーラント)の交換が望ましいと言われています。

 

 

適切な交換頻度

交換頻度イメージ画像

非常用発電機は構造が単純なディーゼルエンジンを使用しています。

 

負荷試験や点検時、災害時以外は稼働しない事や、ディーゼルエンジンの特性もあり、乗用車のように必ず1年でエンジンオイルが要交換レベルまで劣化するとは限りません。

 

使用しているオイルの種類や、環境、稼働状況、既存のエンジン内部の汚れ方によって交換するタイミングは変わってきます。
点検するときはオイルとラジエターの冷却水の状態のチェックも必ず行いましょう。

 

専門家から見て交換が必要だと判断したら、速やかに交換作業に応じる事が必要です。

 

悪質な点検業者では、点検毎などに状態を問わず交換を提案してくる場合があります。早めに小まめなメンテナンスをすることも大切なのですが、利用業者によっては必要以上にメンテナンス費用がかかってしまうので注意しましょう。

 

 

冷却装置の重要性

非常用発電機のエンジンは長時間稼働するとエンジンオイルが高温になっていきます。
エンジンオイルの熱が適正値以上に上がってしまうとオーバーヒートによる不具合や故障の原因になります。

 

負荷試験を行うときは、クリーンナップだけではなくエンジンオイルの上昇や冷却装置が正しく稼働しているかもチェックしないといけません。

 

ラジエターの冷却水は商品によって違いますが、100度を超えても沸騰しないように作られています。
沸騰してしまうとそれ以上温度が上がらず適切な冷却効果が失ってしまいます。
冷却水を長く同じものを使い続けると、最終的には沸点が下がって、ただの水に近い状態になってしまいます。
また、冷却水が劣化するとラジエターのサビや劣化などの原因になります。

 

 

オイル/冷却水交換は長く使うためにも大切なこと

非常用発電機を設置するような施設は50年や100年以上使用する事を目的にしているケースが多いです。
施設の耐用年数が長い分、非常用発電機も同じものを長く使い続ける事がコスト削減につながります

 

非常用発電機はただ置くだけではなく、電力供給するための配線構築等の工事も必要になります。
オイル交換やラジエターの冷却水の交換をするのは、直近の不具合リスクを緩和するだけではなく、長く使い続けるためにも大切な事です。