1ヶ月や6ヶ月の法令点検に近い内容で、発電機に異常がないか無料診断

MENU

無料調査の内容と無料で行う理由

試験業者は非常用発電機の無料調査サービスをしている事があります。年に1回の総合点検や負荷試験の仕事獲得のための営業活動の一貫で、業者は長期的な付き合いを目的にしているので強引な営業はしてきません。

試験業者が行う無料調査

 

非常用発電機の無料調査を実施する男性

 

非常用発電機の点検や負荷試験を行っている業者は初回に限り、無料調査や無料診断で簡単な点検サービスを行っている事があります。
負荷試験を依頼する前の打ち合わせを兼ねた調査はもちろん、状態や日頃のメンテナンスに不安がある場合も気軽に無料で相談することができます

 

 

試験業者が行う無料調査とは

 

試験業者は実際に非常用発電機の現場に出張して、電源の始動確認や配線異常の有無、カーボンやススの付着状況などを無料で調査してくれます。
事前に一度簡易的な点検をすることで、適切なメンテナンスができて、点検や負荷試験も安心して任せる事ができます。

 

負荷試験では大掛かりな機材の搬入があるため、いきなり初訪問で試験を行おうとすると、一般利用者に迷惑をかけたり、狭い動線を強引に通って壁を傷つけるなどのトラブルになる場合もあります。

 

非常用発電機の点検だけではなく、その施設の事前調査という意味も兼ねて試験業者は無料調査を行っています

 

 

無料調査の内容

1ヶ月や6ヶ月の法令点検に近い内容で、発電機に以上がないか無料調査を行います。
総合点検に比べると項目が少なく、実際に負荷をかけた試験は行いません

 

無料調査を行えば、異常がないか見極める事ができます。
異常の原因を完璧に発見することは無料調査の範囲では難しいですが少しでも不具合があれば、しっかり点検整備をするように提案してくれます

 

半年点検や月次点検の意味合いも込めて、試験業者に無料調査してもらう事も効果的です。

 

 

無料対応できる理由

試験業者は実際に設置施設に、専門的な知識があるスタッフを派遣します。
そのため、調査をするためには、相応のコストがかかっています。

 

それでも無料対応しているのは次の2つの理由があります。

 

  • 異常が発見したら有償メンテナンスで売上をあげる
  • 将来的に法令点検や負荷試験の仕事依頼を請ける

 

試験業者の目的は、単発の整備よりも負荷試験の仕事を受注することを目的に無料調査を行っています。

 

現在は消防法で1年に1回は負荷試験を行うように義務付けられています。
一度無料調査で信頼関係を築き、点検と負荷試験ができるようになれば、毎年安定して仕事を獲得することができます。

 

つまり、試験業者は営業活動の一貫として、無料調査を行っています
負荷試験の仕事をもらうと、長期的な付き合いになり信頼関係が重視されます。

 

そのため、無料調査では中身が濃い点検を行い、余分な整備を提案されることや、強引な営業をされる事は一切ありません
もちろん、無料調査だけお願いして、その後の提案を全て断っても問題ありません