点検は電気工事/建設業の許可を得ている会社が望ましい

MENU

負荷試験の内容と流れ・価格相場

非常用発電機の負荷試験の流れは、1年に1回総合点検の際に試験用ユニットと連結させて行います。費用相場は容量によって異なりますが15万円~50万円ほどです。

試験の流れと費用相場

 

非常用発電機は半年に1回の技能試験と1年に1回の総合試験で発動機が始動することを確認しないといけません。
1年に1度の総合試験で30%以上の負荷試験を行うように、消防法によって義務付けられています。

 

負荷試験の流れと相場について紹介します。

 

 

負荷試験の流れ

 

東日本大震災によって、非常用発電機が整備不良で稼動しないトラブル事例が多かった事から、法改正によって、現在は1年ごとに総合試験と同時に30%以上の負荷試験を行うように義務付けられています。

 

つまり、法令点検を行える業者であれば、総合点検の時と同時に負荷試験も行ってくれます

 

負荷試験は大きな専用ユニットを搬入させて非常用発電機と連結させる事によって行います。

 

負荷試験の方法と仕組み

 

点検を行うためには、専用ユニットの搬入経路や、可能時間の打ち合わせをしないといけません。
はじめて利用する点検業者の場合は、一度施設の現地調査と合わせて事前打ち合わせをすることが一般的です。

 

特に学校や介護施設で、なおかつ非常用電源を設置している場所が一般の方と同じ通路を通らないといけない動線の場合は、点検を行う時間帯を考慮しないといけません。

 

負荷試験を行う時は、まずは非常用発電機から供給される電力が、通常の施設の電源へ繋がっている部分を遮断して、続いて負荷試験用ユニットに連結させます。

 

こうした配線の適切な処置ができず、なおかつ非常用発電機に不具合が生じていると、負荷試験時に施設全体が停電を起こすなどのトラブル事例もあります。負荷試験はなるべく実績豊富な信頼できる業者を利用するとよいでしょう。

 

負荷試験用のユニットと連結したら、非常用発電機を稼働させるとともに、試験ユニットで電力を受け入れるように設定をして、少しずつ負荷をかけていきます。

 

非常用発電機は長年稼働していないと、沈着したカーボンやホコリから発火を起こすリスクもあります。
点検時には、入念な安全管理のもとで負荷試験を実施しないといけません。

 

消防法で義務付けられた負荷試験は30%ですが、点検業者によっては高機能の点検ユニットを使用して100%の負荷試験を行ってくれます

 

負荷をかけた時に正しく稼働して電力を供給するとともに、異音や煙、オイル漏れなどの不具合がなければ負荷試験および総合点検は終了になります。

 

 

 

負荷試験の相場

 

負荷試験の費用のイメージ画像

 

非常用発電機の負荷試験は消防法で義務付けられた強制試験ですが、点検を実施するのは電気工事/建設業の許可を得ている会社が望ましいです。

 

負荷試験を行う事については義務付けられていますが、試験を行う業者については消防法による指定はなく、基本的には民間の点検業者に依頼することになります。

 

料金設定は業者ごとによって異なります。

 

できれば安さだけを売りにした業者ではなく、100%負荷試験対応や実績が豊富な信頼性が高く適切な相場の料金設定にしている業者を選びましょう

 

正しい業者の選び方

 

負荷試験の費用の相場は、非常用発電機の容量によって変わります。
おおよその負荷試験の相場はつぎの通りです。

 

  • 20kWA以下:15万円~20万円
  • 60kWA以下:18万円~23万円
  • 100kWA以下:20万円~30万円
  • 140kWA以下:22万円~32万円
  • 180kWA以下:25万円~40万円
  • 220kWA以下:30万円~45万円
  • 230kWA以上:30万円~50万円

 

キロワットの容量が大きくなるほど、100%の負荷試験を行うには相応の点検ユニットが必要になります。

 

容量が大きいほど100%の負荷試験に対応できる業者が少なくなるとともに、業者ごとの料金設定の違いや30%と100%の負荷試験の費用の差額が大きくなります。点検業者によっては、12回分割の月額払いに対応しているケースもあります。

 

 

負荷試験の費用は従来の3分の1ほどに安くなった

一昔前は非常用発電機の負荷試験は大容量のもので100万円超えなどといったケースも多かったです。
費用が高額なため、実施しない施設が多く、結果的に東日本大震災では2~3割の非常用発電機が不具合で稼動しないトラブルが起こりました。
現在は負荷試験の費用は義務付けられて需要が上がった事もあり、従来の3分の1ほどの費用になりました。